1. ホーム
  2. 分煙の取り組み
  3. “分煙タウン化”に向けた取り組みの評価について

“分煙タウン化”に向けた取り組みの評価について

“分煙タウン化”に向けた取り組みの評価について

日頃より南京町にご支援とご協力を賜りまして、誠に有り難うございます。
さて、南京町商店街振興組合では、2011年5月より喫煙マナーのさらなる向上を通じた“分煙タウン化”を目指すために様々な取り組みを行なって参りました。
入店前にお店の喫煙環境を知らせる喫煙ルールステッカーの貼付、来街者の誰もが利用できる喫煙所の設置、喫煙所の位置と各店の喫煙環境を明示した分煙マップの配布を行っております。また、こうした分煙タウン化に向けた南京町の取り組みをホームページ上で公開しています。

この度、こうした“分煙タウン化”に向けた取り組みに対してご意見を頂くため、来街者及び、南京町の各店舗に対してアンケート調査を行いました。
その結果、活動を始めた頃と比較して、商店街における喫煙環境の快適性が上昇し、来街者の満足度に関しても、喫煙者・非喫煙者ともに上昇していました。また、これまで喫煙者の6割近くが喫煙場所に困っていましたが、今回の調査時点では4割台にまで減少しており、やむをえず路上で喫煙をしていた人も当初の半数以下に減少しました。
2012年5月に新設した喫煙所に関しては、利用者の満足度が約7割、今後の利用意向は8割を超えており、非常に高い評価を頂きました。本喫煙所は、日本睡眠環境研究機構理事長を務める梶井宏修博士(※)による監修を受けて設計しており、リラックス効果が高いとされる緑の照明を採用しています。調査結果でも、「緑の照明が柔らかくて落ち着く」と回答した利用者が6割を超えており、喫煙者にとって居心地の良い環境を実現しています。(※)… 別添資料あり
さらに、各店の店長に行ったアンケートによると8割を超える人が「ポイ捨てが減った」、「路上喫煙が減った」と回答しており、分煙タウン化活動の効果を実感しています。
こういった南京町の取り組みに対する賛成度は、喫煙者、非喫煙者ともに8割を超えており、さらにこういった取り組みによる町のイメージアップ寄与度、他の地域における同様の取り組みの必要性に関して聞いた項目でも、非常に高い評価を頂きました。

このように、2年前から行なってきている南京町の“分煙タウン化”活動は、来街者及び生活者から非常に高い評価を頂いております。今後も南京町では、”分煙タウン化”をはじめとする独自の取り組みを進めていくことで、町を訪れるすべての方々が快適に過ごしていただけるような環境づくりを目指します。

調査結果

1.南京町の喫煙環境評価

喫煙場所に困っている喫煙者は減少し、路上喫煙者も減少。結果的に喫煙者・非喫煙者ともに喫煙環境に対する満足度が上昇している。

図1

2.喫煙所評価

喫煙所利用者の7割近くが「満足」と回答しており、今後の利用意向も8割を超える高い水準となっている。
また、利用者の約6割が「快適にたばこが吸える」「緑色の照明が落ち着く」と回答している。

図2

3.分煙タウン化活動の効果

商店街の店長を対象に行なったアンケート調査によると、8割を超える人が「ポイ捨てが減った」「路上喫煙が減った」と回答。続いて「町のイメージがよくなった」「喫煙環境に対するクレームが減った」という回答も高くなった。

図3

4.分煙タウン化活動の評価

喫煙者・非喫煙者ともにほぼすべての人が分煙環境整備の必要性を感じており、同様に南京町の施策、及び他地域への施策波及に関しても、ほぼすべての人が賛成している。
また、このような施策によって喫煙者・非喫煙者の約8割が南京町に対するイメージがアップしたと回答している。

図4

※本調査は2012年2月と2012年11月の2回にわたって実施

施策画像

図5

図6

<問合せ>

南京町商店街振興組合事務局 (担当:欧 政彦)
TEL:078(332)2896 FAX:078(332)2897
H.P.:http://www.nankinmachi.or.jp


ページの先頭へ